「幸せ」を達成するには?

オープンマインド
この記事は約6分で読めます。
スポンサーリンク

ご覧いただきありがとうございます!

 

メンタル心理士試験合格の
荒井ゆうすけです。
@jouettencho

 

このブログでは

自分が、人が心理的にオープンな状態に
なれるような内容でお届けしていきます。

 

オープンマインドは

仕事をすること
人と関わること
人生を生きることの

様々な面で役立っていくので
一緒に育んでいきましょう。

 

今回のお届けする内容は

「幸せ」について。

 

なんだかいきなり大きいテーマで
捉えどころが難しいですね。

そんな感想で良いと思います。

 

幸せを簡単に考えてしまうと
より意味のあることを
見逃すことにもなりますので

あくまで正解を探すのではなく
一緒に「見て」いきたいと思います。

 

結論から言うと

幸せを達成することは

できません!

 

…元も子もない。

 

可能、不可能の話ではなくて
文脈の問題として

達成という表現は適切ではない
ということです。

幸せは追うものではなく
感じるもの。

これからそれがどういうことかを
見ていこうと思います。

 

捉え方の変化で
考え方にも影響があるということを
知ってもらえればと思います。

 

同じ言語で考えてみるとわかりやすい

幸せは感じるもの。

そりゃ、そうだ。
当たり前。

そう言われると思います。

 

それでも人は意外と安易に
「幸せになりたい」と
言っているのではないでしょうか。

 

では、幸せとはどういう状態のことを
指すのでしょうか。

 

そのことを考えてもらうだけでも

  • お金がたくさんある
  • 毎日笑顔でいられる
  • 家族がいつも一緒
  • お風呂に入っているとき
  • 猫を撫でているとき

… …

無数にありますよね。

 

さらに

幸せとはどんな感じかと
問われれば

  • 温かい陽だまりのよう
  • 薄い緑色
  • 柔らかい羽毛に包まれた

などなど

たくさんの「感じ」が
思い浮かんでくると思います。

 

これだけで

人の幸せの捉え方には
様々なものがあって

幸せは絶対的な尺度で
測れるものではないと
気付けると思います。

 

なので

一概に幸せを達成するということは
尺度などを無視した難しいことになる
ということになります。

虹の重さを測る!みたいな
感覚ですかね。

多分、無理ですよね?

 

同じ「幸せ」という言語を用いた対比でも
わかりやすいと思います。

「今日は晴れていて幸せだ」
「今日は雨で幸せだ」

雨で幸せって
どんな状況だろうって
なりますが

雨音が集中力を上げてくれて
物事がはかどる

みたいな感じです。

 

そうすると

 

幸せは人それぞれの感じ方だなと
理解できると思います。

 

人がどうであれ

自分が幸せだと感じれば
それは幸せだということです。

 

んー、なんだか、そういうことを
聞きたい訳ではない感が
あるような…

 

そう思われるのも
なんとなくわかります。

 

「幸せ」は定義付けが
大変難しくて

科学的な研究が尽きない
テーマとなっています。

 

絶対的な幸せが見つかったとして
その方法を全ての人が達成すると

今度はその幸せが普遍化してしまい
幸せを幸せだと感じられなくなり

結果

その絶対的な幸せは
すでに幸せではなくなる。

なんていう
パラドックスに陥ります。

 

未来の幸せを想定することは難しい

難しいというより
正確性に欠けるという表現が
いいのかな。

 

幸せに限らず
人は未来の感情の予想を
することはできますが

その通りに運ぶことはできにくい。

そういう生き物です。

 

人は未来のことは

自動的に「今」を基準に
考え、判定します。

今日が落ち込んでいたら
明日には幸せなこともあるとは
思いにくいのです。

ここら辺は
自動思考がもたらす

太古からの恩恵でもあり
厄介なところでもあるので

いずれに回しますが

 

人は縦の時間軸を想定して
判断することは苦手で

今の不幸はずっと続く

もしくは

今の幸せはずっと続く

そう思いがちだということを
感覚として知っておいてもらうと
いいかなと思います。

 

どちらの思考も
それなりの罠があるので
気を付けていきたいですね。

 

いやー、それでも
なんか聞きたいことと違う?
みたいな?

 

だと思います。

ここまでで

幸せは人それぞれが
感じるものだということが

なんとなくわかってもらえたと
思います。

その上で次から

幸せの感じ方の話をしていきますね。

 

幸せは感じるもので評価や比べることではない

まとめるとこうなります。

要は
人それぞれに幸せというものが
あって

そこに向かって
どれだけ進んでいけるか
という話になります。

進むためには

目的地を記した地図も
向かうための手段も

何が障害になるのかという
想定も必要になってきます。

 

これは他の人の地図でも
手段でもダメで

似てはいるけど
別物になってきます。

自分で見つけて
行動していくしかないんですよね。

 

そして幸せは

何かを達成した結果に付随して
感じるものでもあります。

 

何かを達成して
その結果、幸せな気分になった。

こういうことになります。

 

自分が人生の中で
価値があるものを見つけて

その価値のために
行動をしていく。

その過程に幸せがあり

また価値への道を歩んでいく。

 

この繰り返しが
最良だと思える人生で

 

人生の最期に
「幸せだった」と
残して

旅立つことができれば
いいなと思います。

 

僕はまだまだ
旅立たないですよ!
(念のため)

 

今回はこんな感じで
お届けしましたが

なんだかモヤモヤすると
思われます。

そのモヤモヤは結構大事で

答えが出ないことを
考えること自体に
意味があると思っています。

 

1つ言えるのは

誰でも概念として
幸せを探求することは
できる

幸せになろうと
思うことはできます。

 

今がちょっと落ちている時でも

その状態は変わります。

努力や行動が必要に
なることもありますが

幸せにならなくていい人なんか
この世の中にはいなくて

みんな楽しんだり
温かみを感じたり
優しさにふれたりすることができます!

 

今後は

そのようなお手伝いができるように
なりたいと思い

それには人の内面の心という
部分が大きく関わってくる

そう感じたので

メンタルケア心理士という
資格を活かして

人が心のより良いバランスを
保つことができるような

活動もしていきたいと
考えていますので

今後とも
よろしくお願い致します!

 

それでは

オープンマインドでいきましょう!

ありがとうございました!

Twitter でフォロー
荒井佑介

人の心理的柔軟性を育み、生活を豊かにするための雑誌ブログの運営を行っております。
メンタルケア心理士試験に合格し、認知行動療法・ACT・行動活性化療法・マインドフルネス・セルフコンパッションなどのメンタルケアに関わる心理学の知識や日々の生活が充実するような記事を提供していきます。
フォトスタジオ経営&フォトグラファーとしても活動しています。

どうぞゆっくりご覧ください。

荒井佑介をフォローする
オープンマインド
スポンサーリンク
荒井佑介をフォローする
ジュエバコ

コメント