○○の力が人生を左右する

オープンマインド
この記事は約9分で読めます。
スポンサーリンク

ご覧いただきありがとうございます!

 

メンタルケア心理士で
フォトスタジオ経営者の
荒井ゆうすけです🍀

@jouettencho

 

今回は僕たちが普段から
何気に使っている

○○が持つ力についてを
お話していきます。

 

○○についての考え方や
知識を持っておくと

人生のあらゆる面で
助けとすることができ

そのおかげで
生活が一転することも
ありえます。

 

お金を稼ぐにも
基本は○○が中心に
なってくるし

人生の質や生き方にも
影響を与えてくれるので

まずは一緒に
見ていきましょう!

 

○○の力とは何か?

引っ張ってしまってすみません^^;

 

人生を左右する○○に
入るもの、それは…

 

「言葉」です!

 

言葉には

普段から何気に使っている
伝えるための言葉と

頭の中で考えたりするときに
思い浮かんだりする
言葉があります。

 

頭の中の言葉は
思考や感情とも呼ばれています。

それらが物理的に音となって
他者や社会に影響を与えています。

そして

自分の行動にも
影響を与えています。

 

どういうことなのか?

 

言葉が持つ影響力

あなたがとても素晴らしい
アイデアを思いついたと
しましょう。

 

そのアイデアを
そのままにしておくと
誰にも伝わりません。

そのときに何を使って
伝えるか?

 

はい、言葉ですよね!

 

「いや、音楽でも映像でも
伝えることはできる!」

 

そういう反論もあると
思いますが

言葉がない音楽や映像を
受け取った人は

何を思うか
5秒だけ考えてみて下さい。

 

… …

 

考えましたか?

その時点で
言葉を使いました。

 

頭の中で「考える」ということは
頭の中で言葉を発するという
ことになります。

受け取ったものに
言葉がなくても

受け手はそれらを
自動で言葉に変換するので

結果的に
言葉を生み出す影響力になります。

 

あなたのアイデアが
物理的な言葉を用いなくても

伝わった相手は
それを言葉にして

感想を持ったり
評価をしたりします。

 

ということは

自分も効果的な言葉を使い

相手にも狙ったように
伝えることができれば

アイデアは広まり
それが自分にも相手にも

行動を起こさせることに
繋がります。

 

この連続が

日々の仕事であったり
生活出会ったり
親密な人間関係になります。

 

そう考えると
言葉ってかなり重要ですよね?

 

言葉の正しい考え方は

影響力を持って人に伝わり
人に行動を起こさすことです。

 

文法の構成などは
学術的には重要かもしれませんが

そればかりを意識して
誰の心も動かせないようなら

言葉として発した
意味がないと思います。

ここら辺は
あまり学校では教えてもらっていない
ことなので

 

大事なことは

 

言葉は

人に影響を与えて
心に到達させ

自分が想定した
行動を起こさすこと。

これに尽きると思います。

 

ただし、言葉の悪用は厳禁です!

悪用すればどうなるか

日々のニュースを見ていれば
だいたいわかりますよね?

嘘や悪意がこもった言葉は
使うべきではありません。

信用を失って
社会的にも色々なものを
失いますからね。

 

考えている言葉だけでも自分に影響する

ここからは

メンタルケア心理士として
カウンセラーとしての領分から
お伝えしていきます🍀

 

何気に考えている言葉でも

自分の心を育てたり
沼に入っていくことにもなります。

 

僕たちのマインドは
言葉が大好きです。

言葉を使った
問題解決が大好きと言った方が
いいかな。

 

例えば

 

行動を起こすことを
考えたとき

「どうせ失敗する」

「かなりしんどいことになるかも」

「自分にはできないだろう」

 

こんな言葉を放り込んできます。

 

その言葉を真に受けると
どうなるか?

  • 失敗は怖いから行動しない
  • 面倒だからあとでいいや
  • いつもできないから今回も…

そうやって
行動を先送りにし

忘れてしまって
成長する機会も失ったりします。

 

自分で考えた言葉が
さらに自分で考えた言葉によって
抑制される。

 

こういうことよくありませんか?

 

僕はあります!

 

本を読もうと考えたのに
集中すると疲れると思い

まずはYouTubeを
見てから…

ハッと気づいたら
2時間経っていた(^_^;)

 

この間で得られたものを
あとで考えてみると

後悔や自分に対して恥ずかしい

そんな気持ちになります。

 

心の深層には

  • 本を読んでもどうせ無駄
  • 自分は何も変わらない
  • 疲れることはしたくない

みたいなことが
あるのかもしれません。

 

そんな言葉が
自動思考として

自分をダメだった過去や
不安な未来へと
連れ回してきます。

これも

自分に対する言葉の影響力。

 

これらへの対処法は

それをすれば、あるいは、しなければ
この先の将来に対して

有効かどうか?

 

これをマインドが
何か言葉にして発してきたときに

一呼吸置いて考えてみると
有効な行動を選択しやすく
なると思います🍀

 

言葉の重要性はわかったと。

じゃあどうすれば
効果的に身につけることができるのか?

 

影響力のある言葉の身につけ方

言葉の影響力を
身に付けることができれば

人生の様々なことに役立つことを
今まで一緒に見てきました。

 

大事なのは

 

知っているだけではダメで

実際に使えないと
意味がないということです。

 

どうやって
使えるようになるのか?

 

それは

 

実践しかありません!

言葉はスキルです。

 

スキルは

例えば

楽器の演奏にも似ていて

 

プロのミュージシャンでも
いきなり楽器を弾けたわけではないと
理解できますよね?

段階を経て練習を積み重ねて

ようやく弾けるようになって

そこからステージに上がって
反省点を見つけて

また練習して
だんだん効果的な
使い方を知っていく。

 

学んで実践して改善して

また学んで実践していく。

この繰り返しだと思います。

 

僕もフォトスタジオ経営者として
フォトグラファーとして

写真撮影を行なっていますが

トライ&エラーの繰り返しから
学びながら

毎年1,000組様のご家族様を
撮影できるようになっています!

 

とはいえ
適切な教本や手本がなければ

効率的に学ぶこともできないと
思います。

自発的に探すことも大事ですが

手本を探すことが目的に変わると
いけないので

 

今回は僕もすごく重宝している
影響力を与える文章についての

本を2冊紹介しますね!

 

僕もまだ言葉、文章について
まだまだ勉強中ですが

これらの本は

言葉を使う人

文章を使う人

 

つまり

全ての人の必読書 笑

と、なっています!

 

まずは1冊目📗

メンタリスト
DaiGoさんの

人を操る禁断の文章術

 

言葉を有効に使うことが
人生すら変えてしまうことを

とても簡単に理解できて
もう5回は通して読んでいます!

具体的な方法も満載で
とても読みやすく

実践向きだと思います!

 

この1冊だけでも
人生は変わるかもしれません。

 

 

 

もう1冊はこちら📙

ザ・コピーライティング――心の琴線にふれる言葉の法則

文章についての
古典的な1冊ですが

ここから学べることは
本当に大量にあります!

効果的なキャッチコピーの
付け方など

人を動かす心理的な要素が
満載です。

またまたDaiGoさんが
帯に推薦として
文を寄せていますが

本当に

価格の十倍以上の価値は
あると思います!

 

かなりの文量があるので

じっくり学びたい方には
オススメです。

僕も通して2回は読んでいて

折にふれて

セクションごとに
読み返したりもしています!

読むたびに
アイデアが生まれるところが
すごい本だと思います🍀

 

今回は言葉の持つ力についてを
お送りしました!

言葉を材料にして
より良い充実した日々を
作りあげていきましょう🍀

 

P.S.

言葉の前にアイデアが
思いつかない!

普通によくあることですが

そんな

アイデアを作る
作り方も学べる本もあります!

 

めっちゃ薄い本なので
1時間半もあれば読むことが
できると思います。

ただし、内容は本質的で
具体性もあり

学びのエッセンスが
たっぷり詰まっています。

僕も毎日読んでいた時期が
あって

そのおかげで

新しいことを始められたという
経験もありますので

オススメしておきます📘

アイデアのつくり方

 

それでは

ご覧いただきありがとうございました🍀

Twitter でフォロー
荒井佑介

人の心理的柔軟性を育み、生活を豊かにするための雑誌ブログの運営を行っております。
メンタルケア心理士試験に合格し、認知行動療法・ACT・行動活性化療法・マインドフルネス・セルフコンパッションなどのメンタルケアに関わる心理学の知識や日々の生活が充実するような記事を提供していきます。
フォトスタジオ経営&フォトグラファーとしても活動しています。

どうぞゆっくりご覧ください。

荒井佑介をフォローする
オープンマインド
スポンサーリンク
荒井佑介をフォローする
ジュエバコ

コメント