すぐにやる人になるには/七五三撮影

七五三撮影
スポンサーリンク

すぐやる人になるためには

何かをやろうとしたときにすぐ始めることが出来ますか?

僕は出来ない方です

 

始める前にあれこれ考えちゃったり、自分でも意味がわからないのですがやりたいのにやらないことがあります

 

でも考えるまでもなく、やらないよりやった方がいいですよね

 

やらないと結果は全く残らず、やれば例え失敗でも「このやり方は失敗だっただけ」という結果は残ります

 

どうすればすぐやれる人になれるのかを探っていきたいです

 

すぐやる人の思考方法は2つあります

 

逆算思考と積み上げ思考です

 

逆算思考はまずゴールを設定してから物事をそのゴールに向かって、どうすればたどり着くのかという風に考えていきます

 

積み上げ思考とはスタートから考えることになります

つまりはやりたことをやるということですね

 

僕的には逆算思考の方が求める結果がをまず設定してから考えて計画を立てるので、確実なのかなと思いますが、このゴールを決めること自体が難しいと思います

 

なので積み上げ思考の方が気が楽なように感じます

 

好きなことをしていった結果、何か大きなことや、別の問題を解決するヒントを得たり、解決出来たりすることもあります

 

脱線することが心配ですが、何もせず、何も生み出さないよりはいいのかな?

 

どちらが良い悪いというわけではないので、自分にとってやりやすい方法をその時々で選んでいくことにします

 

そして小さなことから始めることが大事です

 

まず行動して行動したらチェックをする、そのあと改善をしたあとで次の計画を立てる

よく言うPDCAサイクルの順番を崩した、DCAP→DCAP… …という流れにする

行動すれば確認をすることになって、確認をしたらうまくいってもいかなくても次のことを考えて、そしてそれを実行するにはどうすれば良いのかを検討していく流れ

 

考えるために小さく始めることが大切で、このサイクルを早く回していくことが大事なんですね

 

確かに計画だけを綿密に立てても、行動がなければ全くの無意味なことになります

だったら、無計画でも少しやって見た方がはるかに先が見えるようになる

 

Dont think,feel!(考えるな感じろ!)ブルースリーはとてもいいことを言っていたんですね

 

やりたいと思った時がモチベーションの鮮度がピークだということも大事な事実です

 

「いつか」という考えはモチベーションの鮮度を奪うだけで、「いつか」と考えたものは結局やっていなかったり、いつの間にか優先度が下がっています

 

ちょっとでも始めておいて、0から1の状態にしておくことで記憶に残りより強い意識を持つことが出来るので、このことからも小さく始めることは大事なんですね

 

そしてやる前の失敗したらどうしようという不安は全く感じる必要はない

 

そもそも失敗なんて自分が認めなければ失敗にならないし、失敗ということはまだ成功するまでの途中段階で、物事は完了していないんですよね

 

真の失敗は歩みを止めたときに起こるので、行動を起こしている限り失敗はしないので、失敗を恐れて行動を止める必要は全くないと考える

 

失敗は成功をするための可能性を1つずつ潰しているので、失敗すればするほど成功確率が高まる

 

失敗する未来を嘆かず、失敗を成功と捉えることが行動するときに必要なんだなと思います

 

それでは今回はこの辺で!

ありがとうございました!!

続いて撮影日記をお送りします

 

撮影日記:七五三撮影

 

女の子3歳七五三撮影がありました

 

とっても自然体な女の子さんで、ヘアセットや着付けもとても上手にさせてくれました

 

そんな自然な様子からさらに笑顔も引き出したり、ちょっと違う雰囲気を撮ってみたりと色々なことに挑戦させて頂きました

 

一緒に遊ぶことができて、最後は自由な感じでも撮影できて、その行動の一つ一つが可愛らしくて癒されました

 

また遊びに来てくださいね!

ありがとうございました!!

コメント