被写体は全部フレームに入らなくてもいいです/Baby撮影♪

バースデー&ベビー撮影
スポンサーリンク

津市写真スタジオjouetオーナーフォトグラファー荒井です!

 

本日より楽天ペイでの決済が可能になりました!

合わせてクレジットカード払いも同じ端末からできるようになりました

日本的にもオリンピックイヤーである2020年には、紙幣の利用率を抑えて電子決済を多くしたいということで、時代の流れに乗った形になります

電子決済なのでペーパーレスとなり、レシートは出なくなり、お支払い回数は一括のみとなりますが、これからのスタンダードは間違いなくこういう流れになってきます

物理の障壁もあるので(インターネットが普及していても、都会と地方には情報格差があるということです)、全国一律に普及することはないと思いますが、ゆっくり変わってはいくでしょうね

 

撮影ポイント:全部が入らなくてもいいんじゃないかな

撮影ポイントを少し書いていこうと思います

 

撮りたいもが会ったときに、その全部をフレームの中にきっちり入れて撮りたいという気持ちはわかります

それが必要な場合もあります

でも全部を写したものプラスアルファであえて切れちゃっている、つまりフレームにおさまっていない写真も面白いと思います

 

ちょっと対比で、ケーキを例にとります

まずは全部が入った写真です

ケーキです、はい。

全部が写っていると情報としては、何なのかがわかって良いとは思います

これがあっての…

これです

お皿もレーズンも入らない感じで撮影してみました

どっちが良いというのは感性の違いもあるので一概には言えませんが、なんだか寄りで切っちゃった方がメッセージ性があるようにも感じませんか?

 

同じものでもこうやって撮り方のバランスを変えるだけで、伝わる雰囲気も変えることができます

全部が映らないとダメということはないので、あえてこんな風に切れてしまう写真も撮ってみて、できれば見比べてみると面白いと思いますよ

 

ちなみにチーズケーキ、美味しかったです!

 

それでは、撮影日記をお送りします!

 

撮影日記:Baby撮影♪

最初は眠たくて、ちょっと泣いちゃいましたが、ママと一緒だと安心した笑顔でこういう雰囲気が僕は好きです!

 

1人でも大丈夫になりました!

ドナルドダックとアンパンマン…大人の事情ですが、色々大丈夫ですかね 笑

 

だんだん楽しくなってきて、元気な笑顔も可愛かったです!

もうがっつりキャラ祭りになっていますが、この笑顔には勝てないでしょう!

 

スッキリとデイジーちゃんとのツーショット!

 

その時々の状況や体調でご機嫌は変わってきますが、安心できる空間ということをちゃんと示していって、赤ちゃんの緊張をゆっくりほぐしていくことが大事ですね

そして、次は楽しみながら自然に遊んでもらえるように進めていくと、笑顔の撮影ができる確率が上がります

流れ通りにはならないところがまた面白いところでもあるので、いろんな状況でもまずはこちらが楽しんでいきたいと思います

 

それでは、また遊びに来て下さいね!

ありがとうございました!!

 

コメント