お宮参り撮影日記♪/【ニュースまとめ】カルテのクラウド化で進化する医療現場

お宮参り撮影
スポンサーリンク

こんばんは!

jouetオーナーフォトグラファー荒井です!

 

医療と現代技術の進歩は同時に進んでいかないといけない問題だと思います。

今回は電子カルテの今後についてのニュースを紹介していきます!

 

【ニュースまとめ】カルテのクラウド化で進化する医療現場

患者さんのカルテが紙ではなくて、データとして管理する電子カルテの普及率が大きい病院である、いわゆる一般病院に絞れば77.5%というデータがあります。

 

大病院で8割弱は少ないと感じています。

2割はまだ紙でカルテを管理していることが驚きです。

 

診療所レベルも含めて見れば、普及率はもっと下がってしまって、だいたい35%くらいになってしまいます。

電子カルテということはデータを管理するパソコンがあって、漏洩を防ぐための専用の部屋があって、ランニングコストもかかってきて、そのための人件費が掛かってきたりします。

導入の障壁は低くないので、完全に普及出来ないという事実は理解出来ます。

 

そこで、提案されているのはカルテのクラウド化です。

 

クラウド上にデータとしてカルテを保管できれば、管理する必要もなくなります。

そうすると経費もだいぶ抑えることが出来て、導入もしやすいと思います。

 

最大の利点として、データのやりとりが様々なところで出来ることですね。

かかりつけ医と大病院とが同じ患者さんのカルテを共有することも出来て、円滑な診療や処置が行えることが期待されます。

 

こうやってデータが蓄積されていくことで、医療の進歩も促されると思います。

 

これからAIが発達していき、そういったデータを用いた診断などが発達していく電子カルテの可能性に期待していきたいです!

 

それではお宮参り撮影日記をお送りしていきます!

お宮参り撮影日記♪

最初はちょっと泣いちゃいました!

自由に体を動かせないからだったのかな。

それでもカメラ目線でしっかりカメラを見つめてくれました!

 

自由になるとニコニコ笑顔をいっぱい見せてくれて、明るい表情がとても可愛らしかったです!

 

最後までずっとご機嫌も良くて、自然な笑顔だったので安心して撮影できました♪

 

赤ちゃんが何にどう思っているか、何を訴えているのかを把握しながら撮影していかないといけません。

おなかが減っているのか、眠たいのか、背中が付くのがイヤなのか。

対応はそれぞれ違うので、見極めをご家族様と一緒に行っていき、赤ちゃんが快適に撮影できるようにしていきたいです!

 

それではまた遊びに来て下さいね!

ありがとうございました!!

 

荒井佑介

当サイトの管理人の荒井佑介です。三重県津市の写真スタジオのオーナーフォトグラファーとして写真スタジオを経営しながらブログも書いてみようと思います。

1万時間の総撮影時間を達成しています!
写真家×投資家×読書家として自分のレア化をコンテンツにして発信していきます!

荒井佑介をフォローする
お宮参り撮影
スポンサーリンク
荒井佑介をフォローする
ジュエバコ

コメント