iso感度の高さは気にしない!/ハーフ成人式撮影♪

jouet撮影日記
スポンサーリンク

津市写真スタジオjouetオーナーフォトグラファー荒井です!

 

絶賛、2ヶ月に1回くらいのペースで訪れる貧血中です!

インフルエンザの予防注射を打ったことが原因ではないかという疑いも捨て切れませんが、もしそうなら体力やば過ぎっすね

 

カメラのiso感度設定を高く設定しても気にしない!

ちょっとした写真撮影のコツをお伝えしていきます!

 

少し前にも同じような内容を更新していますが、念押しでもう一回です!

 

カメラには感度を上げたり下げたりできる設定があります

iso感度設定も明るさの設定を変えることができるようなものと思ってもらえればいいと思います

 

数値が高ければ写真は明るく、数値が低ければ写真は暗くなります

 

写真はマニュアル設定で撮影する方が、格段に上手くなるので、状況に合わせてこういった数値を変える必要が出てきます

 

明るくなるならどこでも撮れて便利!と思われますが、デメリットもあります

それは画質の良さとトレードオフになるということです

 

iso感度を高くすればするほど、画質は少しずつ悪くなります!

が、ここは大して気にする必要はないと僕は思います

 

室内の暗がりでiso感度1,600で撮影した写真をご覧下さい

ここで見る分には特に荒さなどは気にならないと思います

しかも掲載用にかなりデータを圧縮しています

 

SNS用にアップロードするくらいなら、iso感度が高いことによるリスクとか、ほとんど気にする必要はないと思います

なので、暗がりならがっつりiso感度設定を高く設定してあげてもいいんじゃないでしょうか?

 

定期的に写真撮影のコツも更新していこうと思いますが、単体記事にした方がいいような気がしてきました

どうでしょうかね?

 

それでは、撮影日記をお送りしていきます!

 

撮影日記:ハーフ成人式撮影

半分大人?僕からみたら振る舞いはもうしっかり大人のレディでした!

 

とはいえ、緊張はしますよね?

その中でも表情を出そうとしっかり頑張ってくれました!

その気遣いが大人で素敵です!

 

何気ない写真でも、この体勢って結構難しいんですよ

それを涼しげでキレイな表情で上手に見せてくれました!

 

中学生のお兄ちゃんと一緒に!

お兄ちゃんもしっかり僕のおしゃべりに付き合ってくれて頑張ってくれました!

ありがとう!

 

お年頃のお子様と接する時にこっちも身構えてしまうと、緊張が解ける瞬間がなくなるので、常に余裕を持っている感を出しています

あからさまに褒めても(率直な感想ですが)身構えてしまうので、どれくらいの距離感がいいかを測っていくことにも意識を持っていかないといけないと思いました!

 

それでは、また遊びに来て下さいね!

ありがとうございました!!

コメント