興味が移ろいやすいと感じる人に読んでほしい本「マルチ・ポテンシャライト」の読書感想

読書家が実際に読んだ本の感想や紹介
スポンサーリンク

こんにちは!

津市フォトスタジオjouetオーナーフォトグラファー荒井です!

 

今回は自分の興味はなんでこんなにも移ろいやすいんだろうと悩んでいる人にこそ読んでほしい本の読書感想をお送りします!

 

マルチ・ポテンシャライト 好きなことを次々と仕事にして、一生食っていく方法 

エミリー・ワプニック (著)

 

興味が移ろいやすいと感じる人に読んでほしい本「マルチ・ポテンシャライト」の読書感想

マルチ・ポテンシャライトという言葉をご存知でしたでしょうか?

これは自分の好きな複数の分野で活躍することができる才能を持った人を指した造語です。

 

そんなある種、元から多動力がある人の不安を取り除いて、しかもそれが強みであると説明された本です。

 

マルチ・ポテンシャライトの方は多分、自分にはこれが天職だとはっきり言えないことや、移り気なことが悪いことだと思って悩んでいるんだと思います。

 

僕も意外とそうでした。

 

そもそも何で職業や肩書きを一つに絞らないといけないのかにも疑問を持っています。

 

そして、現代では色々な経験値がある人の方が重宝されていて、実際収入も多くなっているという現状があります。

 

マルチ・ポテンシャライトの時代なんですよね。

 

この本は堀江さんの多動力という本に優しさと考え方、生き方をプラスされたような内容になっていて、好奇心旺盛な方に暖かい感情を与えてくれる本だと思いました。

 

 

マルチ・ポテンシャライトを読んで、考えてみた結果、スペシャリストよりそりゃ強くなるわ!という納得感を得られました。

興味が広いといことは、様々な知識や経験を得られてそれらをミックスさせてまた新しいことに取り組んで…とレベルアップ速度が早いんですよね。

 

専門的に1つのことに絞っちゃうと、ある一定のところで、成長を感じにくくなって、途中から苦行のように感じるかもしれません。

難易度がだんだん難しくなるので当たり前と言えば当たり前です。

 

本書にはどんなタイプの働き方が合っているかも詳しく解説されていて、面白いところはその別れたタイプを自由に行き来していいんですよ。

そうですよね?マルチ・ポテンシャライトなんでね。

 

とりあえず僕はスラッシュタイプのマルチ・ポテンシャライトとアインシュタインタイプのマルチ・ポテンシャライトの側面があることがわかりました。

 

なんか、格好いいですよね!心をくすぐられます!

 

僕の今興味があってやりたい仕事を列挙しておきます!

①撮影

②もっと外へ出て、色んな人の撮影をすること

③情報コンテンツの作成

④投資家

⑤コンサル業

⑥講師

⑦プログラミング

⑧YouTube

 

今、結構本気で思っていることです!

もう始めていること、これから始めることも混ざっていますが、これらを分野を飛び越えて経験できて、仕事としてできるようになるとかなり強い人間になると思います。

 

ここから絞らないと…

なんてことは全く思う必要がなくて、これらをまとめて1つにしちゃえばいいんです!

 

それが最強なんだよと、本を読んで理解できました!

あとこういうことを表明することも強みなることも!

 

僕はマルチ・ポテンシャライトです!

 

この本を読んでやらないといけないことは、自分のやりたいことを絞ることではなくて、どうやったら全部できて、それからまた新しいことを見つけることができるか?

こういうことを考えていこうと思います!

 

時間管理や運用の仕方も書かれているので、参考になると思います!

 

マルチ・ポテンシャライト 好きなことを次々と仕事にして、一生食っていく方法 

これを読んで、移ろいやすい興味をぜひ人生の武器にしてみて下さい!

アフィリエイトなのでこのリンクから購入してもらうことができます!

アマゾンで

単行本が1,728円

Kindle版が1,400円

なので、洋服買うより、飲みに行くより安くて有益な情報得られる本を読みましょう!

 

それでは素敵な読書体験を!

ありがとうございました!!

荒井佑介

当サイトの管理人の荒井佑介です。三重県津市の写真スタジオのオーナーフォトグラファーとして写真スタジオを経営しながらブログも書いてみようと思います。

1万時間の総撮影時間を達成しています!
写真家×投資家×読書家として自分のレア化をコンテンツにして発信していきます!

荒井佑介をフォローする
読書家が実際に読んだ本の感想や紹介
スポンサーリンク
荒井佑介をフォローする
ジュエバコ

コメント