販売における価値について/七五三撮影

七五三撮影
スポンサーリンク

三重県津市写真スタジオjouet(ジュエ)

オーナーフォトグラファー荒井佑介です。

jouetホームページ

 

ミニコラムと撮影日記をどうぞ!

 

販売を考えたときの価値

 

価値の見出し方は千差万別で人それぞれなところがたくさんありますが、よく考えてみるとこういうことはあるなーというお話です。

 

販売するときの価値基準についてちょっと自分のメモとして書いていきます!

 

ものが記号として扱われる価値

ブランド品を想像してみるとわかりやすいと思います。

 

そのブランドの本当の価値、例えば材質や制作期間や行程などではなくそのもの自体がもたらす周りへの影響、周りからの影響を意識した価値。

 

そのものを持っているというステータスを価値にして販売するということで、有名ブランドなどの新作がずっと売れていくということはこれにあたりますね。

 

記号としての価値を生み出すためにはブランド力が必要となってきて、このブランド力を育てることがとても難しいことなんですよね。

 

ものが1人歩きしていって、プロモーションもなしで支援してもらえる状況。

すごく理想ですね。

 

商品が好きというより、そのブランドが好きという状態になれば、同じもののブラッシュアップされたものでも安定的に継続的に売れていく。

つまりファン化させることを最終の目標にして行動していくことが大事になってきますね。

 

これを手広く拡げていくのではなくて、自分たちが成し遂げたい価値を見据えて行っていくこと。

そうすることで価値観の合った顧客様とより接していき、深く濃い関係を築いていくことが必要かなと考えています!

 

それでは今回はこの辺で!

ありがとうございました!

 

 

続いて撮影日記をお送りします!

 

撮影日記:七五三撮影

まずはお写真をご覧ください!

 

女の子3歳七五三撮影がありました!

 

撮影前はちょっと元気がないかなーっと思っていましたが、お着替えをしてカメラの前に来てくれると、自らとても元気で可愛いにっこり笑顔を見えてくれて女の子はやっぱりすごいと思わされました!

 

もう何年も撮影業務をしていますが、この女の子が本気を出す瞬間には驚かされていますね!

 

それかもずっと笑顔でいてくれて、楽しみにしていてくれたんだとわかって嬉しくなりました!

 

お姉ちゃんたちもドレスに着替えて頂いて、華やかなプリンセス3姉妹様の撮影もさせて頂きました。

写真から仲の良い雰囲気が流れていて、こういう写真が撮れて、こういう状況を作ることができて本当に良かったなと思います!

 

またお会いできることを楽しみにしています!

ありがとうございました!

 

 

コメント