続けることを意識する/七五三撮影

2019年5月6日まで
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

三重県津市写真スタジオjouet(ジュエ)

オーナーフォトグラファー荒井佑介です。

jouetホームページ

 

ミニコラムと撮影日記をどうぞ!

 

 

続けることに意味がある

 

何かで成果を出したり成功したりすることの最初のハードルは続けることだと思います。

 

どんなことでも、1発で成功したり完成できたりする人は大天才の人以外はあんまりいないんじゃないかな。

なので、なんらかの結果を得るなら続けてみないと始まらないのです。

 

ただ、続けることって意外と難しいんですよね。

なんで難しいのか。

 

完璧な状態で続けないといけないという思い込みというか風潮があるからじゃないですかね。

 

なんでも最初は下手くそで良くて、完成度なんて50パーセントもいっていなくてもいいと思います。

完璧なものを目指すのではなくて、続けることに意味があると思うといいんだと思います。

 

あ、でもこれは自分のやりたいことで価値や意味を見出したいときの話ですよ。

辛い場所や状況でも我慢し続けろっていうことではないです。

そんなことからはさっさと逃げちゃいましょう!という考え方なので。

 

僕が今続いていることは、読書と早起きですね。

読書からはいろんな思考や知識を仕入れてこれることと、単純に多くの言葉を知れるという収穫があります。

早起きは、読書の時間確保なので読書に付随していますが、朝の通勤ラッシュに巻き込まれず無駄な体力を消費しないという収穫がありますね。

 

自分のやりたいことをまずは少しでも長く経験することから徐々に始めていき、続けるということを意識しなくてもいいような状態になれれば良いなーと思います。

 

それでは今回はこの辺で!

ありがとうございました!!

 

続いて、撮影日記をお届けします!

 

撮影日記:七五三撮影

男の子5歳七五三撮影がありました!

 

笑顔の爽やかなさとても素敵な男の子さんで、自分とは逆のタイプでうらやましく思いましたね!

 

上手にポーズをとったり素直に僕たちのやり取りで笑ってくれたりと楽しんでくれている様子が嬉しかったですね。

 

視線もお顔もカメラの方を向いていなくてもその表情が自然なら迷わず撮るという意識もちゃんと持ちながら、そういう写真にもしっかり価値があると認識することも大事です。

 

ご兄弟の撮影では必殺のシャボン玉を投入したので、自然というか元気なお二人が撮影できました!

 

また遊びに来てくださいね!

ありがとうございました!!

 

Twitter でフォロー
荒井佑介

人の心理的柔軟性を育み、生活を豊かにするための雑誌ブログの運営を行っております。
メンタルケア心理士試験に合格し、認知行動療法・ACT・行動活性化療法・マインドフルネス・セルフコンパッションなどのメンタルケアに関わる心理学の知識や日々の生活が充実するような記事を提供していきます。
フォトスタジオ経営&フォトグラファーとしても活動しています。

どうぞゆっくりご覧ください。

荒井佑介をフォローする
2019年5月6日まで
スポンサーリンク
荒井佑介をフォローする
ジュエバコ

コメント