【書評チャレンジ】何かを始めたい人必見「新世界」

読書家が実際に読んだ本の感想や紹介
スポンサーリンク

津市写真スタジオjouetオーナーフォトグラファー荒井です!

 

今回はちょっと前に読んだ西野亮廣さんの「新世界」の書評チャレンジをしてみたいと思います

インプットした内容を期間が空いた後にアウトプットすることができるのかの実験も兼ねてです

【書評チャレンジ】何かを始めたい人必見「新世界」

言わずと知れた、お笑いコンビのキングコング西野亮廣さん

 

西野さんはかなり先進的な方で、先を見据えた考えや行動をロジックを持って行えるすごい人なんです

西野さんの世界観を受け入れられなかったり、理解できない人たちによって以前はよく炎上しているイメージがありましたが最近は落ち着いてきましたね

 

それは西野さんが過去に行ってきた行動や発信してきたことが、今の時代のスタンダードになりつつあるということで、その時に批判をしていた人たちは、批判をした手前もう同じことはできないということにあるんだと思います

手のひらを返すこともできずにダサい姿を晒すこともできなくなった人たちが大勢いたんですね

 

えっ、めっちゃ辛口やん!と思われますが、僕は前から西野さんが叩かれていることが全く理解できなくて、「すごく面白くてちゃんとしたことをしている人」だなと思っていました

 

それと、僕は西野さんのオンラインサロン「西野亮廣エンタメ研究所」のメンバーで、その考えの真意などを毎日受け取っているからですね

 

個人のファンということではなくて、その行動や考えが僕の成長に繋がるからという見込みがあるので、オンラインサロンに参加させてもらっています

 

あっ、書評を置き去りにしていますね…

 

この「新世界」は2018年以降の現代を社会的に生きる上での教科書的な役割を担っていると感じました!

 

・お金持ちではなく、信用持ちが活躍する社会に移り変わっている

・クラウドファンディングで勝つ人、負ける人

・最近よく聞く、オンラインサロンって何?新しい学びの在り方

 

などがとても理解しやすく書かれていると思いました

 

特にお金とは何かという部分が大変わかりやすく、お金は信用取引から生まれたものだから、逆に信用もお金に換金できるという事実は、そこだけでも読むべきところだと思います

 

フリーランスや個人で頑張っている方なら刺さりまくりな内容です

 

なんの初学者でもわかりやすいように、言葉も平易で文章が語り口調なところも読みやすく、まるで応援されているかのような印象さえ受けます

つまり、やる気を上げてくれて、並走してくれているような感覚で読めてしまいます

 

そして、まさかの涙を流してしまうような内容に衝撃を受けました

 

この人を越えてやろうと思っていますが、こりゃ、当分無理ですわ

それより、今後も同じコミュニティで何をどうやって完成させていくかを、論理や感情を合わせながら見ながら参加しながら体験していった方が成長に繋がると感じました

 

多分、読み終えたあとは国内最大オンラインサロン「西野亮廣エンタメ研究所」に入りたくなってしまうと思います

その時は優しく迎え入れてくれるメンバーばかりなので、共に学んでいきましょう!

月額1,000円とフェイスブックが必須条件です!

西野亮廣エンタメ研究所へ

 

また書評から離れた!

ということで、「新世界」はすごくわかりやすくてサクッと読める割に、学びが多い1冊となるので読書初めの方にもオススメです!

 

電子書籍で読むなら、AmazonのKindle Unlimitedが2ヶ月99円なのでおすすめです!

「新世界」は購入しないと読めませんが、実際の本より150円安く読めますよ!

Amazon Unlimited2ヶ月99円の登録はこちら!

 

それでは今回の【書評チャレンジ】はこの辺で!

ありがとうございました!!

荒井佑介

当サイトの管理人の荒井佑介です。三重県津市の写真スタジオのオーナーフォトグラファーとして写真スタジオを経営しながらブログも書いてみようと思います。

1万時間の総撮影時間を達成しています!
写真家×投資家×読書家として自分のレア化をコンテンツにして発信していきます!

荒井佑介をフォローする
読書家が実際に読んだ本の感想や紹介
スポンサーリンク
荒井佑介をフォローする
ジュエバコ

コメント