女の子七五三ドレス撮影日記♪撮影が上手くなりたいなら「カメラ」の練習からスタート

2019年5月6日まで
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

こんにちは!

津市写真スタジオjouetオーナーフォトグラファー荒井です!

 

女の子七五三ドレス撮影日記をお送りしていきます!

大人っぽい表情と楽しそうな笑顔のどちらも見せてくれる可愛い女の子さんの七五三撮影でした♪

 

撮影が上手くなるにはカメラの練習からスタートさせるといいですよ、ということも書きました!

女の子七五三ドレス撮影日記♪

最初はちょっと緊張気味でした!

でもその表情が大人っぽさを感じさせて、良い雰囲気になって現れていますね♪

 

ポーズをとってくれることがすごく上手で、ドレスの色合いととても合っています✨

 

おしゃべりするととても楽しそうな笑顔も見せてくれて、元気のある表情もまた可愛らしかったです( ´∀`)

 

こんなにも自然で大人っぽい笑顔も見ることができて、気分の変化を見ることができて楽しい撮影でした!

 

撮影が上手くなりたいなら「カメラ」の練習からスタート

しゃべりながらの撮影、つまりはコミュニケーションをとりながらの撮影に慣れておくにはカメラを持ってシャッターを適切に押す練習をしないといけません。

 

画角を決めて、シャッターを半押しして、撮りたい表情や仕草のときに優しく押す。

 

最初は無言でいても、この動作だけでかなり神経を持っていかれます(^_^;)

 

そこにおしゃべりや、ときには左手は構えから離して右手だけでカメラを構えるとなると色々なことを同時にこなさないといけなくなります。

 

だいたい1つのことに集中すると、他に回す集中力は削がれてしまいます。

 

だったら何をするか?

 

カメラの練習を鬼のようにすることです!

鬼がカメラの練習をするかどうかは知りませんが…

 

カメラに対する集中力のリソースを半分にできれば、その分を他に回すこともできます。

カメラの練習は1人でいつでもどこでもできるので、手に感覚を染み込ますことなら努力でなんとかなります。

 

そこから実際のサービスとしての撮影も行っていくとより、習得のペースは早くなります。

 

僕も思えばこのように取り組んできて、今では、カメラのズームを左手を使わずにだいたいこのくらい!と自分のアゴで回していたりします(笑)

 

練習は場所や時間を選ばないものからしていくことが何に対してもおすすめだと思っていて、そこから徐々にハードルを上げていくと、いつの間にか高く飛べると思いますので、考え方として知っておくといいです。

 

それではまた遊びに来て下さいね!

ありがとうございました!!

Twitter でフォロー
荒井佑介

人の心理的柔軟性を育み、生活を豊かにするための雑誌ブログの運営を行っております。
メンタルケア心理士試験に合格し、認知行動療法・ACT・行動活性化療法・マインドフルネス・セルフコンパッションなどのメンタルケアに関わる心理学の知識や日々の生活が充実するような記事を提供していきます。
フォトスタジオ経営&フォトグラファーとしても活動しています。

どうぞゆっくりご覧ください。

荒井佑介をフォローする
2019年5月6日まで
スポンサーリンク
荒井佑介をフォローする
ジュエバコ

コメント