1歳バースデー撮影

2019年5月6日まで
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

集中更新中!

 

内省を最近よくしているのですが、その中で思い当たることの一つに、自分で自分を追い詰める癖があるということを発見しました

 

発見する以前に知ってはいましたが、考えたことがなかったです

 

瞬間的に判断しないといけないときに、ほぼ無意識に難しい方を選んだり、自分から提案したりすることが多くて、結構その積み重ねが出来ているのかなと思います

 

難しい方を選んでおいた方が、経験値を得て成長しやすいですが、逆に少し時間が空いてしまうと困難な方は選ばないような気がします

 

だって、怖いですからね

 

自分を追い込んだ結果というのは、通常の成果物よりも期待を超えたものになる場合があるので、サービスとして人に喜んでもらえたり、おどろいてもらえたりと、ある一定の価値を出すためには必要なのかなと思います

 

ただ、プレッシャーの感じ方も大きくなるので、疲弊する割合は高いですね

 

自分で選んでいるのに、「なんでこっちを選んだ?結構やばいかも…」と笑いながら考えていることもありますが、なんかそんな性分なので仕方がないですね

 

たまに内省をしてみると、自分の強み弱みを見ることができるのでオススメではあります

 

ただ、ポジティブな面だけにしてやる気を高めるように行うことが良いと思います

 

それでは、撮影日記をお送りします!

 

撮影日記:1歳バースデー撮影

1歳バースデー撮影がありました!

 

パパ、ママから離れちゃうと泣いちゃっていましたが、もちろん人見知りの時期なので当たり前だと思っていてゆっくり遊びながら撮影させて頂きました

 

自分でも上手に遊ぶことが出来て、夢中に考えていたり手を動かしている姿もとても可愛らしかったですね!

 

色々と遊んでいる中で、木のスティックのおもちゃがあって、これが大当たりでした!

 

カンカン、トントンすることがすごく楽しかったみたいで、一生懸命に遊びながらすごくいっぱい笑ってくれて、明るい可愛い笑顔が最高でした!

 

それからはずっとご機嫌が良くて、お着物でもわんちゃんに変身してもニコニコ笑顔やアクティブな姿が見られてよかったです!

 

つかまり立ちも上手に披露してくれて、いっぱい可愛く撮影することができました!

 

また遊びに来て下さいね!

ありがとうございました!!

Twitter でフォロー
荒井佑介

人の心理的柔軟性を育み、生活を豊かにするための雑誌ブログの運営を行っております。
メンタルケア心理士試験に合格し、認知行動療法・ACT・行動活性化療法・マインドフルネス・セルフコンパッションなどのメンタルケアに関わる心理学の知識や日々の生活が充実するような記事を提供していきます。
フォトスタジオ経営&フォトグラファーとしても活動しています。

どうぞゆっくりご覧ください。

荒井佑介をフォローする
2019年5月6日まで
スポンサーリンク
荒井佑介をフォローする
ジュエバコ

コメント